トップ頁へ戻る
 
ケアタウン小平の計画
ケアタウン小平は、医師の山崎章朗先生が描かれた「ケアタウン構想」を理念として、 有限会社 暁記念交流基金 代表取締役の長谷方人氏が山崎先生と共に その実現化に向けて計画をしたものです。
ケアタウン小平は、健常者は基より、自宅で療養を希望する人達や、一人暮らしの高齢者にとって、 安心して快適に生活ができる「家」となることをコンセプトとにしています。 それは、病院や福祉施設のような入院期限や年齢制限がなく、また入所金なども必要としない、 新しい形態の賃貸共同住宅です。
また誰もが自立し、活気ある日常生活を送れるように、住環境に於ける建築的配慮と、 居住者を支える医療・看護・介護・食事サービス機能、そして、活動や交流が図れる デイサービスなどの機能も含め、サポート体制を整えています。
建物一階部分は、これらの医・看・介・食の各専門分野の事業体によって構成されています。 こうした各事業体が隣接してチームとなっていることで、連携がスムーズとなり、上階の共同住宅の居住者や、 この地域で療養や介護の継続を望む人達に、より適切な在宅ケアを提供することができます。
更に、ケアタウン小平は、NPO法人コミュニティケアリンク東京が中核となり、NPOが運営する訪問看護・ デイサービス・食事サービス事業の他、ボランティアの育成を始め、地域社会との連携や交流を 深める活動拠点でもあります。
【西南側より望む】
建物の周りの既存樹木を生かして配置計画をしました。 また、建物の屋上は、緑化をしています。
【西北側より望む】
中庭を中心に建物が回り込んでいます。そして、 建物の周りには、回遊できる野道があり、散策を楽しめます。
【住戸内部】
住戸は、車椅子対応のバリアフリーになっています。 トイレは、2方向からアプローチができるように工夫をしています。 そして、ミニキッチンは、車椅子での利用が可能です。 また、住戸のバルコニーは、部屋からフラット続きで、車椅子でも出られます。
【住戸リビング】
室内は、車椅子の利用が可能なバリアフリーで、自然素材で造られています。
【住戸バルコニー】
バルコニーでは、夏場にゴーヤや糸瓜など育てられ、楽しめます。
【1階】
1. 診療所
  訪問看護ステーション
  訪問介護ステーション
2. 管理事務室
3. エントランスホール
4. ラウンジ
5. NPO事務室
6. デイサービスセンター
7. アトリエ
8. スタジオ
9. ボランテア室
10. 厨房
【2階】
11. 住戸
12. 多目的室
13. ゲストルーム
14. ラウンジ・図書コーナー
15. 食堂ラウンジ
16. 食堂
【3階】
11. 住戸
17. 展望浴室
18. 休憩コーナー

一級建築士事務所 太田ケア住宅設計
186-0003 東京都国立市富士見台4-38-27   TEL/FAX:042-577-1411  e-mail: care_design_arch@tokyo.nifty.jp
掲載されている文書、画像などの無断転載・使用を禁じます。 COPYRIGHT 2006-2014 太田ケア住宅設計 ALL RIGHTS RESERVED.